腰痛と言うと、なんだか年寄り臭いイメージがありますが、実は若い人にも腰痛が増加傾向にあるのってご存知でしょうか?腰痛と一口にいっても、その原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)や種類(時には新しく発見されることもあるようです)は全然違いますよね。例えば、要因として珍しくないのは、筋肉痛(すぐに痛みが生じるものは、「肉離れ」と呼ねれます)です。運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)に限った事ではなく、仕事や家事などで起きる可能性もあるでしょう。次に、こりがありますね。肩こり(僧帽筋や肩甲挙筋などが同じ姿勢を取り続けることにより緊張して血行不良となることで、疲労物質が溜まってしまうことが原因だと考えられています)のように、血行が滞ってこってしまった状態でも腰に痛みを感じます。これは、長時間腰を曲げたような変な姿勢を続けていると起きます。また、加齢に伴い増えてくるのが、関節の軟骨(ヒアルロン酸を注射することで痛みを和らげることができるそうです)がすり減って起こる腰痛です。おそらく腰痛が年寄り臭いと言ったイメージは、この腰痛から来ているのだと思います。しかし、腰痛の原因はそればかりではないんです。頻繁に言われているぎっくり腰は、いきなり腰に力を入れた時に突然起きることが知られているのです。これらは全て、腰自体に問題があって起きた腰痛そうはいっても、場合によっては内臓疾患(がん以外にも、胃炎や腸閉塞、腎不全など、様々な病気の総称で、軽度な場合もあれね重度のこともあるでしょう)が腰痛として現れるということもあります。例えば、すい臓がんなどと言った場合、殆ど自覚症状が無いと言われているのですが、末期になってくれね腰痛として自覚症状がでる場合もあるかもしれませんね。以上のように、腰痛と表現しても腰の筋肉や骨に問題が発生して起きる腰痛と、内臓疾患(?痛や肩こりなどまるで関わりがなさそうな箇所に症状が出ることも少なくありません)が原因で起きる腰痛があり、どちらかと言えば後者の方が恐ろしいといえるでしょう。特に腰痛の原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)に心当たりがないのに、何となく腰に鈍い痛みを感じるようになると、ぜひ健康診断(市や区などが市民に向けて行うこともよくあります)を受けてくださいー